Game Symphony Japan

すっかり暑くなりました。
どーもにみつです。

行ってきました!
「Game Symphony Japan」
image

セットリストはこちら
image

FF6好きの自分は朝からウキウキでした。
開演前にノビヨ師匠と指揮者の志村さんのFF6にまつわるお話。
ありがたや。

そして開演。
まずは「真 女神転生if」。会場となったサントリーホールには
それはそれは立派なパイブオルガンがありまして、それはそれは見事な音で包んでくれました。
今後ともよろしくと言いたくなる。

次の「かまいたちの夜」では寸劇が。。。
演奏も素晴らしかったですし、演出音を再現するためにいろいろ工夫してるんだなと感心しました。
個人的には「弟切草」のほうがやっていましたね〜。一応やった気がするんですがそんなに音楽覚えてませんでした。

さあ、いよいよ「FF6」!(ちなみに小さい頃はファイファンと呼んでた人でした。)
一曲目はセットリストには載っていないのですが、当時のCMで使われていた曲。
そして予兆に…
見る人が見れば気づくとは思いすが、このセットリスト、ストーリーに沿っているんですね〜!
まあ組曲ですから当然ですけども。
えらいもので予兆きいていると鮮明にイメージされるんですよね、雪の中を魔導アーマーが進んでいるのを。。。
1部は世界が1度滅ぶまでの楽曲で構成されているのですね。
鳥肌、感動の連続でした。
1部で印象に残った曲としては
「戦闘」「決戦」「死闘」「セッツァーのテーマ」「幻獣を守れ!」
ですかね。
思い出にひたりながら、休憩へ。
物販行きたかったのですが、人多かったので諦めおとなしく席で2部を待つことに。

2部は何と言っても
「仲間を求めて」と「妖星乱舞」ですよね!
「仲間を求めて」では思い出補正もあって涙しましたね〜。
当時ゲームをプレイしているときもめっちゃ感動したのを覚えてます。
絶望の中から希望を集めて飛んでいくようなそんな素敵な曲です。

「妖星乱舞」こちらラスボスの曲ですが、かなりプログレッシブです!
そもそも原作でも18分くらいある楽曲です。
転調転調、でもカッコイイ!圧巻のオーケストラ!
ぜひ音源になれば聞いてほしい、買いたい!

今回Game Symphony Japanに初めて行ったのですが
行ってよかった!自分自身を見つめ直す機会にもなるし、熱く純粋な想いを思い出させてくれました。
音楽って素晴らしい。

ノビヨ師匠も行っていたけども、
FF6の楽曲(ゲームもそうですが)
構成や技術的にはつたないところがあるけども、エネルギーがすごいある作品だった、と。
個人的にもゲームを通じてそう感じましたし、ゲームとしてのチャレンジ精神や、
クリエイターのこだわりや、自己表現がすごく感じれる。
なんだかんだでFFシリーズで自分は一番好きです。

ノビヨ師匠のサイン会もやってたのですが、人が多いし、準備もできてなかった。。。
今度はエッセイ持って行って並ぼうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です