【地味だけど】デザイナーの為の減量講座【必須】

前の記事から10日もたってしまった…
おこんばんは。もしろです
ベルセルクがおもしろくて何も手に付きません
うっ…うぅ…ガッツかっこいいよ…
 
 
 

さて、前回は効率化ツールについて書いたんですが今回は減量について書いていきたいと思います。

私が画像の減量を行う際に使用していたソフトは以下の通り。
【JPGの場合】
・iResize(無償)
フリー。JPGの減量ができる。ただたしか正方形サイズ限定だったのでサムネイル画像を大量に減量・リサイズする際に重宝しました。業務上だとアイテムサムネによく使ってた
これは次回ちゃんと使い方についてまとめたいと思います

・Fireworks(有償)
これはもう使用する機会は少ないかもしれない。Photoshopで落としきれない画像(ガラケー用)を減量するのに使ってました。

・OPTPiX(有償)
高いので個人ではお目にかからないであろうソフト。JPGもPNGもなんでもござれの超優れもの。バッチさえ作っちゃえば綺麗にしかもボタンひとつで減量ができるありがたい代物。(ただwinだと使用してるPCでそのまま減量できるんだけどMacだと専用の減量機にデータを移し替えないといけないからめんどかった)
 
 

【PNGの場合】
・Image Alpha(無償)
前回記事にしたけどpng減量が手早くできる優れもの。ただpngはjpgと違って、色数で容量を落としていくから、減量かけた際は必ず色味の確認!数こなすには向いてないかな。

・Tiny PNG(無償)
これも前回少しだけふれたけど数があるpngを減量する際にドラッグするだけな超簡単ツール。大量の減量には向いてるけど、Image Alphaと違って容量はぼちぼちしか落とせないし自動的に落とすから色味は変わっちゃう。

・OPTPiX(有償)
↑で触れたけど言わずもがな。だけど高い。

それぞれ善し悪しというか、場面場面で使い勝手などは変わるのですが基本この5つで減量作業をまかなっていました。Photoshopで減量するよりも綺麗だし融通がきくかなと。
次回はiResizeについてちゃんと書きたいと思います。それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です