正社員か、個人事業主か、会社設立か。

最近更新してなくてすみません、もしろです。
今、悩んでいること。
正社員でいくか、個人事業主でいくか、会社設立するか
悩んでます
 

「フリーランスとかちょうかっけえ!うんこ上司もいないし最高じゃん!」と思った
出るわ出るわわけがわからない書類達
開業届出書開始等申告書所得税の青色申告源泉所得税納期の承認うんだかだうんだかだ…
呪文か
 
今まで総務や労務がやってくれたことを自分でやらないといけないんですよね
あと経理!経理な!!ほんまわからん!!!
ざばざばと調べたので、それぞれのメリットデメリットを自分メモ用に羅列しようかと。
 
 
 

【正社員〜戦え!サラリーマン〜】
【メリット】
・税制上の面倒な手続きがいらない(経理がやってくれるもんね)
・忙しかろうが暇だろうがお給料が一定額入る
・保険とか煩雑な手続きがいらない(労務がやってくれるもんね)
・法律上は、優遇されてる(雇用企業側に問題があった場合労基が助けてくれる)
・厚生年金の為貰える年金の額が多い
・ソフトやPCとか自分で用意しなくていい
 
【デメリット】
・技術ある人が正社員になるとスキルが安く見積もられがち
・仕事の物量が自分でセーブできない
・勝手に休めない
・経費で落とせない
・国保と違い給与の約1割を必ず引かれる為場合によっては国保より高い
・勤め先まで通わなくちゃいけない満員電車クソ
 
 
【個人事業主〜もがけ!フリーランスは一匹狼〜】
【メリット】
・仕事の物量が自分でセーブできる
・ので、自分の休みたいときに休める
・特殊スキルがある場合仕事単価がサラリーマンより高い
・諸々経費で落とせる
・個人事業主になるまでの手続きが比較的簡単
・個人で確定申告ができる
・国保の為保険が安い
・客先常駐とかでなければ在宅でもできる

【デメリット】
・税制上の手続きが面倒
・自分で仕事とってこないとお給料が入らない
・保険とか煩雑な手続きを自分でやんないといけない
・法律上は、優遇されてない(事業主=発注する側、雇う側みたいのになる為)
・稼いだ分だけ税金おさめなきゃいけない(累進課税?っていうのかしら)
・個人事業主本人の給料は経費にならない
・国民年金の為貰える年金の額が少ない
・ソフトやPCを自分で用意しなくちゃいけない
 
 
【会社設立〜一国の主だぜヒャッホイ!〜】
【メリット】
・仕事の物量が自分でセーブできる
・ので、自分の休みたいときに休める
・特殊スキルがある場合仕事単価がサラリーマンより高い
・諸々経費で落とせる
・納めなければならない税金額が一定
・役員の給料が経費で認められる(一部例外有り)
・厚生年金の為貰える年金の額が多い
・客先常駐とかでなければ在宅でもできる
 
【デメリット】
・税制上の手続きが面倒
・自分でとってこないとお給料が入らない
・保険とか煩雑な手続きを自分でやんないといけない
・社保になる為、国保の倍額かかる
・税金額が一定の為、それを賄えるくらい稼がないといけない
・月50万以上の利益が出せないと損
・会社設立の際の手続きが面倒
・確定申告等の際は税理士が必要
・ソフトやPCを自分で用意しなくちゃいけない

こんなところでしょうか。
とりあえず一点わかったのは「月50万以上利益出せないなら会社たてても意味ないかも」でした
あえて会社設立して食事代だったりソフト代などを経費で落として名目上赤字出して、節税してる人もいるみたいだけど。
 
やっぱさーーーー正社員の方が楽なんだけどさーーーーー
何、IT?ソーシャルゲーム?って軒並み
「お前らゴミを雇ってやってるから馬車馬のように働けや」感ほんと嫌なんだよね…
あと自分が結婚とか出産とかしたときに、デザイナーで戻れる環境作りたいんだけどなーと。
大きい企業だと時短制度あるけどそれで運用廻らなくてプランナー職から総務職に異動させられた女性の方がいたので、それは嫌だなと思ってるんですよね…総務も人事もやりたくない
 
だったらフリーランスで土台固めるべきじゃないか?と思って
幸い「フリーランスになったら仕事お願いしたい!」って言ってくれてる方がいるので、その方からお仕事もらったりクラウドソーシングでお仕事探したりしよかなと。自分でアプリ開発もずっとしていきたいし。
もやもやもやもや悩んでいます。
今年中には決めて動きたいと思ってるので、決まったらまたご報告したいと思います。
 
どうしようかなー。うーんもやもや。
はー週休3日で30万くらい稼げないかなー稼ぎたーい✌( ◔౪◔)✌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です