会社を設立・企業したらやるべきこと

もう新年明けて大分たっちゃったけど…
あけましておめでとうございます!2016年もよろしくお願いします!
 
さてさて。私いま現在会社に勤める正社員なのですが、
この会社が去年立ち上がったばかりのいわゆるITベンチャー企業というものでして、
何も無い状態から会社の立ち上げに関わったので、その過程で困ったこと、しんどかったことを書き留めたいと思います。

 
<東京都内で会社を設立・企業してやらねばならないこと、やって困ったこと>
0.印鑑を作る
印鑑がなければなーーーんの契約もできません。最初の最初。
印鑑を作りましょう。一般的に3つの印鑑を作ります(銀行員、実印、角印?だったかな)

1.オフィスを借りる
オフィスを借りなければ話しになりません。なぜなら銀行口座が作れないから。(レンタルオフィス等で口座が作れたのは昔の話し、今は振り込め詐欺等の防止のためオフィスがなければ口座が作れないのです!!!)
しかもオフィス借りるのバカ高い。敷金+礼金+紹介料+保証金が必要です。
保証金はそのオフィスの持ち主?に払うお金で、6ヶ月分とかもってかれます。しかも帰ってこない。
1ヶ月の家賃が50万だとしたら敷2礼2紹1保6だったとしても550万。
オフィス借りるだけで550万ぶっ飛ぶのです。やば。それに内装工事とか入るとたぶん1000万越え。げろろ。
ITベンチャーだとOAフロア(なんか配線が通せる床)やセキュリティ付き、24時間入出可能等でないとセキュリティやインフラ面で問題があるのであらかじめ条件を決めて探すこと。ただOAフロアやセキュリティは高いんだよね…
 
2.銀行口座を作る
口座がなければなーーーーんもできません。なーーーーーんも。
これはたしか履歴事項全部証明書と代表者印鑑とかがあればできたはず…
口座を作る担当者は、代表じゃなくても作れますが銀行からの連絡は全てその担当者でないと何も話してくれないし取り次ぎもしてくれないので注意が必要。

2@.ネットバンキングの手続きをする
くそめんどいですがこれがないとパソコンで給与振込とかができません。
認証の種類によっては3週間くらいかかるものもあるので早めに作っとくといいかも。
 
3.法人クレカを作る
これ、未だに作れてません。実績を積み重ねないと厳しいね…
ゴールドカードとかだと作れるかもしれないけど年会費高くてね…
 
4.就業規則、雇用契約書を作る
これらの書類がないと社員募れないよね…
抜けがあるとあとあと火種になるので二重三重チェックは必須です。
雇用契約書には社員の名前。住所や年収等もれてはいけない内容を含むのでパスをかけるなどして扱いには注意が必要。
 
5.業務委託契約書を作る
外注にふるお仕事とかも発生するので、契約書の類いもテンプレを作らなければいけません。あとあとこれも火種になりかねないので注意。

6.名刺を作る
色んな業者や取引先とお会いする機会がグンと増えます。しょっぼいのでもいいので用意しとくべき。
 
7.新入社員が来る前に回収しなければならない書類、やらねばならない手続きの確認をする
新入社員が来ると年金や保険の手続きが発生します。当日もってきてもらわないと手続きはできないので、事前に確認して新入社員に連絡すること。用意するものリストなどがあればなおよし。

8.備品購入の際のフローを明確にすること。
会社立ち上げて初期だと法人クレカの用意はできていないので、基本的に「代引き」か「銀行振込」「コンビニ決済」等のいずれかになると思います。代引きであれば預かり金を用意しておくと自腹で立て替えなくてすみます。
請求書にはふせんをつけて何を買ったかを記載しておくこと。何を買ったかわからないと分類できなくて経理が泣きます。

9.勤怠管理、チャット等業務お助け系ソフトの導入
出勤退勤が記録できる、チャットが使える、メーラーとしても使える、スケジュール管理ができる等、色々ありますがこれは初期でいれとくと後々めんどくさくなくていいかもしれません。
企業によっては情報保持の観点からスカイプやチャットワーク等が厳禁な企業もあるので、チャットを使う際はちゃんと調べること。

もっとあった気がするけど、忘れた…
とりあえずこんなところで。初期だと色々兼務なので神経使いますが色々新しい発見はありますね。
備忘録ということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です